安定性だけではない魅力|手放すなら不動産売却が賢い|査定額に納得してからサヨナラ

手放すなら不動産売却が賢い|査定額に納得してからサヨナラ

レディ

安定性だけではない魅力

スーツの男性

仕組みを理解しよう

サブリースってよく聞くけど、仕組みが分からない不動産投資家の方は大きな損をしています。サブリースは不動産投資の安定性を高めるほか、収益物件によっては収益性まで高めてくれます。まずはサブリースの仕組みを理解し、その魅力を存分に享受してはいかがでしょうか。サブリースでは、不動産投資家は各部屋毎に賃借人と賃貸借契約を締結することはありません。収益物件の全てを一括で不動産会社が借り上げるため、不動産投資家は不動産会社と賃貸借契約を締結します。そして不動産会社は各部屋毎に賃借人と賃貸借契約を締結するため、サブリースは収益物件の又貸しとも呼ばれています。また、収益物件の運用は全て不動産会社が行うようになり、不動産投資家は何もせずに定められた家賃収入を得られます。

空室に悩む収益物件に最適

サブリースを提供する不動産会社の収入源は、敷金と礼金、手数料などです。賃借人が支払う敷金と礼金は、不動産投資家ではなく不動産会社が受け取ります。また、不動産投資家は不動産会社にサブリース手数料を支払う必要があり、家賃収入全体の10%から20%ほどのコストが発生します。このコストだけを見ると不動産投資家は損をするように思えますが、空室率が高い物件ではコスト以上の利益を得ることが可能です。空室であれば家賃収入は0円ですが、サブリースを利用することで確実に家賃収入を得られるようになります。手数料を支払うのは嫌だとサブリースを嫌厭していては、大きな損失が発生する可能性があります。まだ空室率が高くない収益物件にも、既に空室リスクが顕在化している収益物件にも、必ず利用を検討していのがサブリースです。